盆灯籠についてもっと詳しく探ってみた! 続いては香川県の真ん中、中讃(ちゅうさん)地区の丸亀市で取材しました。

盆灯籠についてもっと詳しく探ってみた! 続いては香川県の真ん中、中讃(ちゅうさん)地区の丸亀市で取材しました。

はじめに
前回は盆灯籠とはそもそも何なのか、どういうシーンで使うのかということを高松本店さんにてお聞きしました。
その中で出てきたのは、「地域によって形が大きく異なる」ということ。
どのように異なるのだろう?
実際に、丸亀本店さんまで足を運び、直接お話を聞いてみました。
盆灯籠のこと、香川県のこと、文化のこと。
より深く理解できるようになりました。

【紹介】

O(女性)さん
木谷仏壇丸亀本店の女性社員(入社2年目)。
フレッシュな若手社員。テキパキと仕事をこなす。

高原(男性)
香川大学経済学部卒。
留年の危機に苛まれるが、2018年3月無事卒業。
with cafe特派員として活動中。

振り返り-盆灯籠とは-

お盆になるとお仏壇やお墓の前に飾る、灯籠のことをそう呼びます。
お盆の時に、お家に故人の霊が帰ってきますよね。
その帰り道に目印となるもの、故人が迷わないような道しるべとなるもの、それが盆灯籠なのです。
盆灯籠は、お盆の時期に、お仏壇の前とお墓の前に飾られることが多く、お盆の3日間のみ飾るところもあれば、8月いっぱいまで飾るところもあったり、期間はまちまちです。
色は3種類あり、故人の死から1年目には白色のものを、2年目には銀色を、そして3年目には金色をお供えすることが多いです。

丸亀本店の盆灯籠は?

丸亀本店さんでも、多くの盆灯籠が並んでいますね!
そうなんです。この時期は、どの店舗も盆灯籠でいっぱいになります。この店内に盆灯籠が並ぶ光景をみると、あぁ夏がくるなあと実感します笑
そうなのですね笑 高松本店さんで、地域によって盆灯籠に違いがあると聞いたのですが、どんな点が異なるのですか?
何点かありますよ!まず一つは、紗(しゃ)というものがあるのは丸亀の盆灯籠だけになります。真ん中の六角形のところが透けていますよね。これが紗です。この方が、中の灯りが綺麗に見えるんですよ。当店の取り扱いの中では、紗のある盆灯籠には、家紋をお付けすることができます。

家紋が付けられると高松本店さんでも聞きました! かっこいいですね。故人の方の道しるべですので、綺麗な明かりが灯るのは素敵ですね。他にも違いはあるのですか?
あとは高松では四角形と六角形の盆灯籠があったと思うんですけど、丸亀本店では六角形のみになります。
丸亀市周辺では六角形なんですね。
他にも小型のタイプもあるんですよ。最近はマンション住まいの方も多く、そういうところでは子供が引っ張ったりするので。時代に合わせて、柔軟に変化してます。
確かに、人々が暮らす場所や生活が変わっていく中で、その生活と共にあるお仏壇やお仏具も、移り変わるのが自然ですものねえ。

そうですね。日本一小さい県でありながらも、このように地域によって多種多様に分かれています。不思議ですよね。
あと、盆灯籠には道しるべとしての役割だけではなくて、故人が帰って来るときの着物の代わりとも言われています。だから豪勢にしてあげる方も多いです。
着物としての役割もあるんですね! ということはもしかして、故人が帰って来るときは、裸なんですか?
そうですね。裸で戻ってくると言われています。
えー、そうなんですね!僕ならなるべく豪華なものを着せてあげたいと思います!
ぜひ、お願いします!盆提灯は他にもいろんな種類があるんですよ。
高松本店さんでも数多く見かけました。上から吊るすタイプのものもあるんですね。

そうですね。犬や猫を飼われている方も多いので、そういった方はこういう吊るすタイプのものをお求めいただくことが多いです。
なるほど、確かに犬や猫の手の届かないところだと、安心ですね!
Oさん一押しの盆提灯はありますか?
私の一押しはこれですね!
暗いところでもとっても綺麗に光ります。

素敵ですね!僕はこの長いものが気に入りました。
鮮やかな青で、清涼感もたっぷりです。

そちらも素敵ですね。自分の好みに合わせてお好きなものが選べるのも、盆提灯の魅力の一つですね。
本日はわざわざ丸亀本店までお越しいただき、ありがとうございました!
こちらこそ、たくさんお教えいただき、ありがとうございました!勉強になりました!

 

あとがき

こんな小さな香川県で、盆灯籠をひとつとっても地域によって大きく異なることがあるんだということを初めて知りました。
このような違いはどのようにして生まれたのだろう?なぜこのように分かれたのだろう?
謎は尽きませんが、それも残りの地域、観音寺市に行けば解決するかもしれません。それでは、また次回まで!

「仏壇業界に興味がなかったけど、話を聞いてみたいかも!」
「あたたかい接客って魅力的だなあ」
と思った方は、With cafeのTwitterやHPのお問い合わせページからお声がけくださいね。
僕がそれまで持っていたイメージと、実際に行って、話して、体験してみるのとでは大違いでした。
ぜひ、木谷仏壇に興味を持ってくれると嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。