盆灯籠(ぼんとうろう)ってなんだ? 時代劇などで見かける「灯籠」のこと? 謎めいたワードを解き明かします!

盆灯籠(ぼんとうろう)ってなんだ? 時代劇などで見かける「灯籠」のこと? 謎めいたワードを解き明かします!

はじめに
盆灯籠というものをご存知ですか?
灯籠というと、どこかで聞いたことがあるような、何となく火を灯すものなのかな?というくらいしかイメージがないですよね。
ですが、そんな灯籠、実は香川県では盆灯籠として深く根付いています。
今回は盆灯籠について、3つの地域に分けてお伝えしていきます。
香川の古き良き文化を知っていただければと思います。
まずは東讃(とうさん)地区より、木谷仏壇高松本店さんにお邪魔します。

【紹介】

M(女性)さん
木谷仏壇高松本店の女性社員(入社6年目)。
優しく思いやりがあって、とても丁寧な対応。

高原(男性)
香川大学経済学部卒。
留年の危機に苛まれるが、2018年3月無事卒業。
with cafe特派員として活動中。

そもそもボン灯篭ってなに?

盆灯籠って何なんですか?お恥ずかしながら、僕は聞いたことがなくて…
そうですか!お盆になるとお仏壇やお墓の前に飾る、豪華な灯籠のことをそう呼ぶんですよ。
そもそも、お盆とは、亡くなった方やご先祖様の霊を供養する行事であり、お盆に故人が帰ってくるとも言われています。
その帰ってくるときに目印となるもの、故人が迷わないような「道しるべ」となるもの、それが盆灯籠なんです。

そうなのですね!知らなかったです。お盆になると故人の霊が帰ってくるというのはよく聞きますが、その道しるべとなるものなんですね。
そうですね。そもそも灯籠というものは、照明器具が少なかった時代に、道を照らす役割として使われていました。今でいうと街灯のようなものですね。その流れで、お盆に飾る盆灯籠も、故人のための道しるべとして使われるようになりました。
なるほど。故人が道に迷わず、まっすぐお家に帰ってこられるように、盆灯籠は道を照らしてくれるのですね。ということは、盆灯籠は家に飾るものですか?
そうですね、お盆の時期にお仏壇の前、それとお墓の前にも飾られることが多いですね。お盆の3日間のみ飾るところもあれば、7月から8月いっぱいまで飾る地域もあったり、期間はまちまちです。
そしてこの盆灯籠、いろんな色があるのですが、それぞれ意味があるんですよ!
故人の死から1年目には白色のものを、2年目には銀色を、そして3年目には金色をお供えすると言われています。

色によって、使う年数に違いがあるのですね。不思議だなあ。
色以外に、形も少し違うと思うんですが、これはいろんな装飾があるということなんですか?
よくぞ聞いてくれました! 香川県では、それぞれ地域ならではの紙製の盆灯籠を飾る風習があるんですよ。
高松本店では、四角形のものと六角形のものがあり、どちらを使ってもいいのですが、丸亀などの中讃地区だと六角形しかなかったりと、地域によって分かれています。
盆灯籠に家紋を付ける地域もあるんですよ。

そうなんですね。家紋を付けるというのはかっこいい!
盆灯籠はお盆の間だけしか使えないんですか?
そうですね。基本的には、お盆の時期だけ使っていただいて、また来年は新しいものを用意する形になります。綺麗ですが紙製のものになるので、長期間の保存も難しいですからね。
香川県以外でよく用いられるちょうちん型の盆灯籠は、毎年同じものを使用するようです。
そうなんですね。知らないことがたくさんありすぎて…。
少し混乱してしまいますよね笑
ちょうちん型の盆灯籠は盆ちょうちんと呼ばれ、いろいろな型のものがありますよ。

Mさん一押しの盆提灯

高原一押しの盆提灯

盆提灯は現代的ですね。同じ道しるべの役目を果たすんですか。各ご家庭に合わせて購入できるというのは嬉しいですね。
他の地域の店舗では、また少し違ったお話が聞けると思いますので、訪ねてみてください。
わかりました!僕も大学からずっと香川県に住んでいるので、もっと地元のことを知ることができると嬉しいです。次は丸亀本店さんにお邪魔してきます。
今日はお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!
こちらこそ、ありがとうございます!また、なんでも聞いてくださいね。

 

あとがき

今回は、故人を尊ぶ盆灯籠についてお話を聞くことができました。
こういった何気なく残る風習の中に、日本の歴史や伝統文化がかいま見られるような気がしました。

「仏壇業界に興味がなかったけど、話を聞いてみたいかも!」
「あたたかい接客って魅力的だなあ」
と思った方は、With cafeのTwitterやHPのお問い合わせページからお声がけくださいね。
僕がそれまで持っていたイメージと、実際に行って、話して、体験してみるのとでは大違いでした。
ぜひ、木谷仏壇に興味を持ってくれると嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。